入れ歯・インプラント

”第二の永久歯”で失った歯の機能回復を~インプラント治療~

”第二の永久歯”で失った歯の機能回復を~インプラント治療~

欠損歯のあった箇所の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯冠を被せて歯の機能回復を図る補綴(ほてつ)治療を、インプラント治療と呼びます。インプラント治療にはさまざまなメリットがありますが、中でも自然な噛み心地を得られる点は多くの患者さんに選ばれるポイントです。まるで天然歯(ご自身の歯)がよみがえったような感覚を得られます。その他にも、見た目が天然歯のように自然であったり、周りにある健康な歯に影響を与えなかったりという点も大きな利点です。

事故やケガ、加齢などで歯を失ってしまった方は、神戸市灘区六甲道の歯医者「仲井歯科クリニック」でのインプラント治療をどうぞご検討ください。

仲井歯科クリニックのインプラント治療の特徴

特徴1 部分的な診断ではなく総合的に診断を行っています

特徴1 部分的な診断ではなく総合的に診断を行っています

レントゲンで患部とお口全体を撮影し、詳しく検査を行います。検査の結果をもとに診断を行います。患者様とご相談させて頂き、治療方針や計画を一緒に決めていきます。

       
特徴2 安心のインプラントメーカーを使用しています
ストローマン

ストローマン

当院では、世界70カ国以上で採用されている、信頼性の高い世界シェアトップクラスのインプラントメーカー「ストローマン」のインプラントを治療に使用しています。1974年の臨床応用から長い歴史を持つ同社は、世界シェアも常に上位をキープ。安全性・耐久性に優れているのはもちろん、骨結合性の高さも大きな特長です。また治療期間が短くなるので、その分患者さんにかかる負担を軽減できます。

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア

当院では、世界初のインプラントシステムとして知られるリプレイステーパードグルービングシステムを治療法として採用しています。信頼性はもちろん、事故やトラブルが少なく、多くのメーカーから互換品がリリースされている点もメリットです。

特徴3 正確な手術が行えるサージカルガイドを使用しています

サージカルガイドを使用

インプラント治療には高い技術力が必要です。それを支えるのが、サージカルガイドと呼ばれるマウスピース型の器具です。ドリルを入れるポイントに穴が空いているため、正確な手術が可能になります。サージカルガイドは一人ひとりの患者さんに合わせて制作されるので、より安全な施術に役立ちます。

特徴4 顎の骨が足りないはGBR法で骨の再生を促します

GBR法

インプラントを埋入する骨の幅や高さが足りない際に、メンブレンという特殊な膜を使って、骨の再生を促す手法です。なお、施術のタイミングにはインプラント埋入前と後の2種類があり、患者さんの状態によって適切な方が選ばれます。

       

ズレない、ハズれない、痛くない~入れ歯治療~

ズレない、ハズれない、痛くない~入れ歯治療~

  • 入れ歯が痛くて柔らかいものしか食べられない
  • ズレたり外れたりしやすく、ストレスがある
  • 発音しにくく、おしゃべりが楽しめない
  • くちびるにシワが入ってしまい、老け顔になってしまう
  • 入れ歯を使いはじめてから肩が凝るようになった

こうしたお悩みの原因は、現在の入れ歯がお口に合っていないからかもしれません。当院では、それぞれの患者さんに合わせた入れ歯の制作を行っています。お口の中の状況は人それぞれ。コミュニケーションをしっかり取り、適確な診査・診断を行いますので、まずは一度ご相談ください。

当院はこだわりを持って入れ歯の製作に当たっています【入れ歯ができるまでの流れ】
総義歯の場合
手順その1 【お口の中の型を採ります】
今のお口の状態を把握するために型採りを行います。型採りの準備のために、個人トレーを作成し、お口の中の動かしたときの状態などを精密に記録します。これを筋圧形成と呼びます。正確にお口の動きを個人トレーに反映することが入れ歯を製作するうえで、一番のポイントです。筋圧形成後、精密に型取りを行います。

筋圧形成後


  • 筋圧形成後 上

  • 筋圧形成後 下
      

型採り後


  • 型取り後 上

  • 型取り後 下
手順その2 【フェイスボウを用い、垂直的な位置を決定します】
上記の手順で型採りから模型を作成したのち、フェイスボウトランスファーを行います。これは頭の位置と顎の位置関係を記録するために行う工程です。
    
 
手順その3 【ゴシックアーチを用いて水平的な下顎の位置を決定します】
次に咬合採得における水平的な下顎の位置を決めるためにゴシックアーチ法を用います。ゴシックアーチは下顎が前後左右に動く軌道のことを言います。
  • 赤丸印の箇所に矢印が記録されます。
    
手順その4 【歯を並べ、口の中での歯並びを確認します(排列試適)】
入れ歯は一度、歯を並べてお口の中に入れて歯並びやかみ合わせ、顎の位置などを確認します。前歯の歯並びや歯の真ん中がずれていないかを確認し、必要であれば修正を行います。問題が無ければ、入れ歯を完成させます。
    
手順その5 【入れ歯の完成】
入れ歯を装着しますフェイスボウトランスファーやゴシックアーチなどを用いて製作をすることで、口の中での調整は最小限になります。

  • 完成 上

  • 完成 下
    
入れ歯完成後
入れ歯の微調整と経過を見るために数回来院して頂きます。
    

取り扱い入れ歯

金属床

金属床

床部分に薄い金属を使用した入れ歯です。装着時の違和感が少なく、残存歯への負担も少ないのが特長。また、金属製なので食べ物の温度が感じられ、食事が楽しくなります。

ノンクラスプデンチャ―

ノンクラスプデンチャ―

金属バネ不使用で、代わりに弾力のある樹脂を用いた入れ歯です。見た目が自然で装着時の違和感も少ないのが特徴です。また、素材の特性上、割れが起こらない、口臭が発生しにくいというメリットもあります。

マグネットデンチャ―

マグネットデンチャ―

磁力を使って固定をする入れ歯です。残っている天然歯の歯根に超小型磁石を埋め込む、もしくはインプラントと組み合わせて使用します。取り外しが容易でありながら安定した噛み心地が得られる点がメリットです。

事故・ケガで起こるお口のトラブルは口腔外科まで

診療予約はこちらから